一人ひとりの物語と ともにシャツを仕立てる

株式会社 斉藤シャツ

1975年に設立以来、カジュアルシャツやワイシャツから礼装用までいろいろなシャツのオーダーを手掛ける。住吉にある緑の外観が印象的な小さい工房で丁寧に仕立てられるシャツには全国にファンが多数、ドラマや映画など衣装の相談も少なくない。

オーダーシャツ製造・販売
saito-shirt Co., Ltd.

株式会社 斉藤シャツ

住所
〒135-0002 江東区住吉1-3-11
tel
03-3631-7779
fax
03-3631-7869
代表取締役
斎藤 久夫
URL
http://saito-shirt.p2.weblife.me/

「長く着られて、丈夫」 そのために手間を惜しまない

当初、オーダーメイドのシャツというものは特別な記念日に着る一張羅なのだと思っていたら、ビジネスマンからの注文もあるというので驚いた。身体にぴったりと合うフィット感と上質なものを身に着けたことによる自信のせいか、保険や不動産の営業職に就く方が「これを着ると気後れしない」「対等に話せる」と愛用してくれていると、斉藤社長は嬉しそうに語る。

既成品のシャツなら2〜3年も着倒せば襟が黄ばんでお役御免となってしまうが、実はシャツの袖口や襟は取り替えることできる。身頃が痛んでいなければ2、3回は修理が利き、もっともっと長く1枚のシャツを着続けることも可能。長く洗っているうちに生地が縮んで襟が詰まることをなるべく防ぐため、最初に生地を洗っておくひと手間も斉藤シャツが欠かさないお客さんを思った工程のひとつだ。

大切にしているのは「長く着られて、丈夫」であるということ。長く着ているとシャツは肌だけでなく人生に馴染む。たったシャツ一枚にも愛着が湧く。そうあってほしいと願い、希望があれば商品一つ一つに日付と名入れの刺繍を施している。トレードマークに幸せのてんとう虫も添えて。

袖を通して喜ぶ姿が見たいから、最初の採寸は対面で

注文を受ける際、対面で話して要望を聞くことにしている。採寸の作業があるのも理由のひとつだが、何より体型を目で見られることが大きいという。なで肩や鳩胸といった身体の特徴は採寸した数字のデータだけでは把握できない。既成品では袖の長さが合わない人も、シルエットの好みと体型が合わない人も、ここに来れば求めていたとおりのシャツに袖を通すことができる。直接会って採寸をしたすべての顧客の型紙が、作業場の隅に吊るされている。

北海道から九州まで、ファンは日本全国にいる。初回はもちろん来店してもらうが、型紙が残るので「お変わりないですか」と身体の状態さえ確かめられればまた作れるのだという。中には30年来の常連客もいて、20年前のシャツをまだ大切に着ているらしい。

愛用者の中には著名人やテレビに出るような人、毎年クリスマスにボーナスを持って訪れる人や仲間が着ているのを見て数日後に自分も注文しに来る人、細身のシャツが着たいとその場でダイエット宣言をする人などなど、シャツ作りを通じてさまざまな人との出会いと一人ひとりの物語がある。「何より、出来上がったシャツに袖を通して喜ぶ顔が嬉しい」そのために斉藤シャツは一枚一枚に心を込めてシャツを作っていく。